結構耳にするFX。投資か何かの話の様だけど、一体何なんだろう。と思ったことはありませんか。
FX初心者向け情報WEBでは、FXに関する基本的な情報から最新の情報まで紹介していきます。

そもそもFXとは、為替の変動を読み、外貨を売買して利益を得ることで、正式名称は「margin Foreign eXchange trading」、日本語では「外国為替証拠金取引」といいます。
証券会社に証拠金を預け、証拠金の25倍までの金額を動かし外国為替の取引することができます。仮に5万円しか証拠金がなくても、125万円分の取引をすることができる。ということです。元金が少なくても大きく取引することができ、元金だけで得るよりも大きく利益を得ることができるので人気があるようです。しかし予測を外し損失が出た場合、損失額は当然大きくなり、元金を超えた損失が出てしまう事のある、ハイリスク・ハイリターンな投資、それが今話題のFXです。

一番身近に感じるFXを紹介すると、ドル円の取引です。わかりやすく最も簡単な例を挙げてみましょう。1ドルを100円で値下がり(円の価値が下がる)するだろうと買っていて、実際120円に値下がりすれば、20円の儲け。120円で値上がり(円の価値が上がる)するだろうと、空売り(借りて売る)から入って100円に値上がりすれば、買い戻す。これも20円の儲けという事になります。
逆に値下がりするだろうと、1ドルを120円で買っていて100円に上がってしまえば、20円の損失が出るというわけです。

この売り買いが基本となり、それぞれの指標や国の重要人物の発言、今後の見通しなど世界中の人が予測し為替の相場を動かしています。その相場を読んで利益を出そうとするのがFXです。証拠金が少額であっても、相場の読みが的確であれば利益は大きく出るので、情報を総合的に判断し、トレンドの見極めが的確であれば一攫千金も夢ではなさそうです。


株式投資情報NetWeb





(c) FX初心者向け情報WEB